2007年 04月 15日
松ケンといえば、松山ケンイチ!
c0033794_2285398.jpg


宇多田ヒカルの「ぼくはくま」は、Lのテーマソングです、個人的に(爆


カミングアウトすると、
「デスノート」映画版の松山Lに萌え、そのまま松ケンマイブームが来ている。
なんすか、あの綺麗な手はっ!
デスノのL役で、これ見よがしに手を口元に持ってきたり(しかも萌え袖状態)
携帯を摘まみ上げるように持ってみたり
いくつもの角砂糖を摘んで紅茶に入れてみたり
抹茶味ういろうを両手で持って一気食いしてみたり・・・

松山くんってば自分の手の綺麗さを知っているからって、そんなこれ見よがしなっ!
と思ったのだけど、深夜アニメ版のデスノを見たら、
アニメのLも同じようにしてたので、
ひょっとして手の綺麗さでL役に抜擢されたのでは??
とまで思ってしまいました。
そのくらい、Lってキャラは手が印象的。
(公開待機中の「神童」もピアニスト役だから手がポイントだ♪

Lって奴は
天才だけど、人格的に欠如している部分があり、
人付き合いと感情表現が下手、というかできない
誰にも心を開かないが、保護者的な(執事のような!!)老人がいる。

なんつーか、これって「綾波レイ」ぽくないか?
人付き合い下手の感情表現下手な天才型キャラって、
読者や視聴者的に「ぼく(私)だけが彼女(彼)を解ってあげられる」的な
幻想に浸れるところが イイ! んだよな〜。。。。(笑
L主演のスピンオフ企画ってのは正しい選択だと思うぞ。

まー、それにしても
漫画が元のキャラにあそこまでハマった人間はなかなかいない
(デスノートの原作読んでないくせに)
松山ケンイチ、何者?!
と思ったら、「NANA1」で超絶美少年のシン役で
NANAファンから総スカンくってたコぢゃないのっ!?。。。。
いやー・・・あれは可哀想だって、松ケンのせいじゃないって(爆
松ケンが出てるという理由で観たとんでもモンゴルな映画「蒼き狼」。
予告やポスターでの扱いから予想されたほど出番がなくってしょんぼりだったが、
断末魔の色香にやられ、それだけで満足。
(フィクションだと解っている断末魔のシーンって萌え所だよな)

で、デスノで日テレを儲けさせた御褒美なのか、
今期「セクシーボイスアンドロボ」って連ドラに主演。
ズボンの丈が短かめのルパン足首に2CV、リアルルパンか!?って感じ。
しかし、テレビで見る松ケンの芝居は微妙に浮いていて、
見ているとちょっと恥ずかしい気分になるのだった。。。
これは、個人的に「かなり気に入ってる」証拠でもあるのだが。。。

松山ケンイチにテレビ画面は狭すぎると思う(爆

c0033794_25350100.jpg

[PR]

by mekara_uribou | 2007-04-15 03:04 | 映画以外のレビュー等


<< 『ラストキング・オブ・スコット...      ちょっと前のジュード・ロウのはえ際 >>