<   2005年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2005年 06月 18日
映画の面白さについての相対性理論(?)
今月末公開の超話題作のプレミア試写が先日東京でありました。
映画の内容よりも、「プレミア試写」そのものが話題性に富んでいるのもどうよ?っていう感じでしたが。


掲載タイミング的にはずれていたので、私は行かなくてすんだのだが、行った人は大変だったみたい。財布の中までチェックされた、とか。(財布の中にコ○ドームとか入れてる殿方は大丈夫だったのか?)

朝10時からの試写で、会場は8時。
テロ事件直後のニューヨークの空港並みのセキュリティチェックで、財布以外の荷物はクロークに(強制的に)預け、本も読めない携帯で仕事の連絡もできないノートブックで書きかけの原稿も書けない、という状況で2時間待つのはかなりイライラしそう。
じゃ、開映直前に行けばいいじゃん、と思っても、先着○○名までしか記者会見場に入れないっていうんで、取材が必要な人は、必死こいて早起き。

そんな状態で映画観て、ニュートラルに評価できるのか?というのが素朴な疑問。


物凄く面白くても、普通に面白い、くらいに目減りしそう。
普通に面白い映画だったら、きっとたいしたことない映画、になっちゃう。
ちょっとヘボい出来だったら、ヘボさ倍増では?

上映前に「こんだけのことをしたんだから、よっぽど面白いんだろうね? そうじゃないと、批評きつくなっちゃうよ」ってな具合に、自ら評価のハードルをどんどん上げていって、いい結果が出るとも思えないけど、大丈夫?

 
と思っていたら、紹介はいいけど批評はしちゃダメなんだそうで、抜かりない、っていうか、なんていうか・・・ホントのところどうなのよ? 「宇○戦○」
[PR]

by mekara_uribou | 2005-06-18 02:51 | 取材こぼれネタ
2005年 06月 09日
フォーガットンって・・・
先週末の興業成績で、ジュリアン・ムーア主演の「フォーガットン」が3位だった事実に軽く驚いた。
そんなに宣伝してるふうでもないし、そんなに話題性があったようにも思わないのに、同日公開のウィル・スミスの「最後の恋の始めかた」より、ブルース・ウィリスの「ホステージ」より、客が入った訳だ。

なんとなく超自然現象っぽいミステリーな雰囲気に騙されて観た人は脱力するかもしれないが、この映画、お馬鹿B級映画だと割り切って観ればなかなか楽しめる・・・っていうか大爆笑じゃね!!?
ジュリアン・ムーアがお馬鹿映画に出るわけないよ、と思うからうっかり間違った方向に期待しちゃうので、なんか納得できない気分になるんだけどね。

でも、



ばびゅーーーーーーん!!!


ってとこで爆笑しなかった? ね? 観た人?



すご〜くヒマな時に、緩〜く爆笑したい場合はいいかも。
[PR]

by mekara_uribou | 2005-06-09 01:08 | ツッコミ上等映画レビュー
2005年 06月 03日
ブルースといえば?
6/20売りの原稿入稿終了。
今月はバットマンです。

渡辺謙「バットマン ビギンズ」で凱旋会見! なんつって巷をにぎわせた会見に行ってきました。
きっと混むんだろうなあ・・・と思って早めに行ったんだけど、意外とすいてました。


で・・・
スーパーマンがクラーク・ケントなように、
バットマンといえば、ブルース・ウェインな訳だが、
ブルース・ウェイン役のクリスチャン・ベールを担当していた通訳さんが、
通訳中に「ブルース・ウィリス・・・」と・・・・!?
会見後、担当さんと「ウィリスって言ってたよね?」と確認しあう。

ブルース・ウィリス、先週来日してたからね〜・・・・
しかし、通訳につく映画の超基本情報くらい押さえておいて下さいよ〜(笑)


ところで、私的にはブルースといえば「キャンベル」、かな。
[PR]

by mekara_uribou | 2005-06-03 12:54 | 取材こぼれネタ
2005年 06月 02日
地震とジェット・リー
最近始めたミクシィにかまけていて、ブログをさぼっていました。すいません。
何ごともなかったように再開、それがブログのいいと、こ、ろ♪

今日の地震、揺れ方がちょっと嫌〜〜な感じじゃなかったですか?
なんとなく違和感を感じた、と思ったら急にグラっとくる。
それが試写中に2回。
見ていた映画が「ダニー・ザ・ドッグ」でジェット・リー主演。
ジェット・リーといえば、昨年末のスマトラ沖大地震で、一時行方不明になっていたのが記憶に新しい。地震を呼ぶ男?である。

そして、ジェット・リーのカンフーアクションを見ながら、試写室の人々はほとんど地震に反応しないのだった。
さすがというか、なんちゅうか・・・
この人たちと一緒に閉じ込められるのはちょっとな〜
ライトセーバー(の斬れないレプリカ)とか持っていそうで嫌・・・・(んな訳ないよ)


「ダニー・ザ・ドッグ」はずいぶん前にフジコ・ヘミングが「好きじゃなかった」と本音斬りした映画な訳ですが、観てみたところどうか?というと、フツー・・・
アクションシーンはジェット&ユエン・ウー・ピンだから、まあ凄いけど既視感のほうが強くなっちゃってるからね〜、あ!でも誰がどう闘ってるのか解らない、早いカメラワークでごまかしてるだけの「バットマン ビギンズ」のアクションシーンに比べたら、全然いいけど。

それにしても、「犬と呼ばれている首輪のジェット・リー」といい「ゴッサムシティの中心に向かって暴走する○○○」といい、今月公開の映画には最近の事件とリンクしたヤバいシーンが多くて配給会社さんは大変だなあ、と余計な心配をしてしまいました。
[PR]

by mekara_uribou | 2005-06-02 01:05 | なんとなく気になったこと