<   2006年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2006年 07月 11日
「ゲド戦記」というタイトルは火種だ
スタジオジブリの新作「ゲド戦記」。

日本の宝、宮崎駿監督の息子による第一回監督作品な訳だが、
物語は主人公が「偉大なる父王を殺す」ところから始まるのだった。。。
ゲド戦記、原作には父殺しというモチーフは出て来ないそうで、
これはオリジナルな設定になるのだが、
この設定、その後の物語にはあまり影響しないのである。

なんだかツライ始まりだ。
父を葬ってからでないと、映画作りが始まらなかったかのようである。
ひどくプライベートな悩みを抱えた映画だ。

そして、主人公は
父を殺した闇の人格を持つ美少年、なんておいしいキャラなのに、
どうも魅力が感じられない。
主人公に限らず、全てのキャラに萌えが足りない、ジブリ作品なのに。
話は破綻していたがキャラ萌えだけで成立していた「ハウル」の後だけに
辛いものがある。

絵描きのはしくれとしての感想だが、
作画を担当しているスタッフが、納得して絵を描いていないように思われるのだ。
監督のイメージが伝わっていないか、監督のイメージに納得できないまま
線を引いているような、不安定な絵柄。
「本当に引きたかったのはそういう線じゃないのでは?」
と思いつつの鑑賞は、結構辛い。
全くうっとり出来なかった。

そして、原作とかけ離れたストーリー。
プライベートな問題を反影した映画に「ゲド戦記」という、
(おそらく)熱狂的なファンがいる作品のタイトルをつけてしまったこと。。。
これは火種だ。おそらく祭りになるだろう。


とはいえ、

「指輪物語」のファンに比べ
「ゲド戦記」のファンは恵まれている、と言える。
映画が全く違うものになっているために、「無視」することが可能だからだ。
[PR]

by mekara_uribou | 2006-07-11 21:19 | ツッコミ上等映画レビュー
2006年 07月 07日
全ての映画はS.W.になりうる?
『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズチェスト』観る。

全ての映画はスター・ウォーズになりうるのか?
と思わずにはいられない。。。そんな感じだった。

「I'm your father・・・」というより
「I love you.」「I know.」って感じね。

ジャック・スパロウ=ハン・ソロ
ウィル・ターナー=ルーク
エリザベス・スワン=レイア

デイヴィ・ジョーンズ=ジャバ・ザ・ハット
ビル・ターナー=(しょぼいけど)ダースベイダー

・・・みたいな。

もうウィルとエリザベスは兄妹ってことでいいじゃん。。。と思いましたよ。


全体的にどうだったか、っていうと、
前作同様大味。。。
すごいシーンとものすごいシーンのくり返し、みたいな。
[PR]

by mekara_uribou | 2006-07-07 04:03 | ツッコミ上等映画レビュー