<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2007年 02月 26日
スコセッシ慰労会
でしたね、今年のアカデミーは。

『ディパーテッド』(実は未見)、
『インファナル・アフェア』より面白い訳がない(ので観たくなかった)し、
香港ノワールのリメイクだし、監督賞はとっても
作品賞は『バベル』あたりと分け合いになると思っていたが、
過去のノミニー回数が多い場合、「何もこれでとらんでも」っつー不本意な作品ほど
オスカーはとれやすい、というジンクスまんまな結果。。。

スコセッシ、眉毛までもが、とっても嬉しそうでしたな。
いっそ「いらんわ!」くらい言ってくれたほうが
キャラに合ってるように思ったりするが、
なんだかんだで、やっぱり嬉しいのね。。。としみじみ。

そうとう拗ねてたので、なだめるために授賞、
という噂が本当なら、今ごろは本当の「スコセッシ慰労会」で
盛り上がってる(荒れてたりして?/笑)ことでしょう。




『ドリームガールズ』は最多ノミニーの割には受賞が少なかったけど、
助演女優賞はやっぱり取ったね。

アメリカンアイドル(スタ誕みたいな番組)落選〜
『ドリームガールズ』のおいしい役ゲット〜
主演を食って話題独占、各賞総なめ〜
初ノミニーにしてオスカー授賞!

ウィンブルドン化の進むアカデミーアワードにあって、
久々に解りやすいアメリカンサクセスストーリーに
アメリカ中は大納得の結果。。。

っつーことで、ジェニファー・ハドソンの物語は見事に完結。
あんまり見事すぎて、
これからが大変だ。。。と同情先取りしてしまいそうなくらいだよ。
(『ザ・エージェント』のキューバ・グディングJrの例もあるし。。。
[PR]

by mekara_uribou | 2007-02-26 20:33 | なんとなく気になったこと
2007年 02月 22日
FOX プリティピンクコメディシリーズ
c0033794_22585412.jpg


FOXのキャンペーン『プリティピンクコメディシリーズ』の
レンタル店用フライヤーのイラストのお仕事しました。
去年の暮くらいからレンタル店にあったりなかったり。。。(笑

この4作品は、女性向けのラブコメ映画のセレクトなんですが、
『2番目のキス』は原作が『アバウト・ア・ボーイ』の人と同じなもんで、
男性が観ても楽しめるんじゃないかな?
主人公のリンジー(ドリューちゃん)より、その彼のベンのキャラがイイです。
レッドソックスマニアの二枚目じゃない地味系男子・・・正しいオタク造型(笑

男性視点の原作を女性視点に変更してあるので、
何かの「オタク」な男性が彼女と見ると・・・

*映画が進むにつれベンに対する彼女の反応が冷淡で、見につまされる
*映画が進むにつれベンに感情移入しすぎ、訳もなく逆ギレ

なんてことになるかもね〜(御用心♪


『ウェディング宣言』は結婚間近のカップルにはお薦めしません(爆
面白いんだけどね〜(笑



ちなみにこのフライヤーは↓のような状態で、
店頭にあったりなかったり(笑)します。

c0033794_23113413.jpg

[PR]

by mekara_uribou | 2007-02-22 23:12 | お仕事紹介
2007年 02月 16日
『どろろ』と『蟲師』の、間はないのかっ?!
妻夫木&柴咲コンビで話題の『どろろ』。
時代もの冒険活劇でダークファンタジー、っていう邦画を応援したいのは山々なれど、
やはり美術の詰めの甘さが見えてしまって、「うーむ」と唸ってしまうのだった。

こういった題材は今や「ロード・オブ・ザ・リング」以前と以後では
求められるレベルが格段に変わってしまっているのに、
邦画界はそれに追い付いていないように見える。
いや、追い付こうと努力しているのは解るんだが、追いつけていないのだ。

『どろろ』のVFX部分は、及第点には及ばないのだが、頑張ってるな、と感じる。
クリーチャー部分を全てVFXでやれば、それなりの統一感が出たんじゃないか、
と思うが、
その中に混じってくる「着ぐるみ」が、突然日曜日の朝の特撮戦隊もの、の世界に
映画全体を引きずり下ろしているのだ。
それを編集やカメラワークで誤魔化そう、という風でもない。
ニュージーランドロケまでしてるのに、なぜそこの予算をケチるのか。
惜しい、惜しいよ。

しかし、派手なエンターテイメントとしては、頑張っているので、
美術の甘さと柴咲の女っぽさ(彼女の役どろろは男のなりをしてる少女という設定)
に目をつぶれば結構楽しめる。



来月公開予定の『蟲師』もまた、時代ものでダークファンタジーだ。
時代設定は明治初期、とのことなので、基本和服だが洋装も混じっており、
かなりフィクショナルな世界が背景として展開される。
そして、ほとんどロケ地の力かも知れないが、美術が素晴らしい。
オダギリの白いカツラがちょっと浮いてるけど(笑

何か目立った作り物やセットはなく、さりげない背景とさりげない衣装。
そして、ミニマムな音楽と、分りやすい起伏がなくゆっくりとしたストーリー展開、
幽玄の世界というか「詫び・寂び」なのだ。
この「良さ」は欧米人には解るまい。いや、西洋医学的思考の人には難解だと思う。
利休の茶の湯的な価値観を映画にしたような感じ、というか、
見る側の力を試される「超芸術トマソン」のような感じ、というか。。。

ま、ちょっと難を言えば 眠い のである。
大変に良く出来ているが、少々エンターテインメントを犠牲にしているのだ。



解りやすいエンターテインメントだが、美術が甘い『どろろ』と
美術は素晴らしいがエンターテインメントしてない『蟲師』、
この間に位置する邦画が観たいんです、心底!
[PR]

by mekara_uribou | 2007-02-16 16:28 | ツッコミ上等映画レビュー
2007年 02月 14日
2月のガールズ二本立て
アカデミー賞最多ノミネート!
つーキャッチコピーも華々しい『ドリームガールズ』

ミュージカルシーンの押しが強いので、ミュージカル苦手な人は要注意♪
ステージシーンはそりゃーきらびやかでイイ!のだが、
ガールズ&αが自らの心情を歌い上げるシーンのほうが「歌〜〜!!」な感じ。
レコーディングやリハのシーンとからめたりもしているが、
この「心情歌い上げミュージカルシーン」がかーなーりー暑っ苦しい。
ガールズ&スタッフで歌う「私達は一本の木〜〜♪」っていう歌は、
「We are the World」かっ?ってな感じ。

特に、助演女優賞でオスカー確実と言われているジェニファー・ハドソン
「こっちは下積み長いのよっ、ビヨンセなんか喰ってやるわ!」
ってな勢いで「私を愛してぇ〜〜!」と歌うシーン。。。。
もうね、焼肉食べ放題って感じでお腹いっぱいですよ。
ここだけでも、じゅうぶん満腹なのだが、
デスチャの意地を見せるビヨンセも負けじと「聞いてっ!」
と歌うシーンがまた。。。暑い。。。
「いつもはポップアイドルとしてさらりと歌ってるけど、本気だしたらこんなもんよっ!」てな感じか。
焼肉に続いてちゃんこ食べ放題って感じの満腹感のある映画であった。

げっぷ。。。

ところで、ビヨンセってオセロの黒いほう中島に似てるよね。



で、もう一本。
アカデミーノミニーとは全く関係ない潔さ(笑)の『Gガール 破壊的な彼女』
スーパーウーマンで嫉妬深い元カノ、ユマ・サーマンに
壮絶な嫌がらせをされるのがルーク・ウィルソンなんだが、
・・・・このルーク・ウィルソン、
個人的な話で申し訳ないが元カレにちょい似なもんで
サメ投げ付けるシーンとか、とてもスカっとしてしまったよ。。。

いえ、そういう個人的事情なしでも、
久々に馬鹿馬鹿しいハリウッドコメディに大笑いできます。
まー、しかし、ユマがかなりイタい女なので、
殿方の場合はどうか解りませんけどね。
[PR]

by mekara_uribou | 2007-02-14 01:34 | ツッコミ上等映画レビュー