2006年 08月 29日
『マッチポイント』のうがった見方
ウディ・アレンの面白さは他人任せにしている私だが、
『マッチポイント』は面白かった。
出てくる人々が皆、ちょっと嫌な感じなんだけど、
それがすごく普通に見えるのだった。私やあなたのように。


『マッチポイント』を観た日、
その前に
『セプテンバー・テープ』という映画の試写を観た。

これは

「9.11テロから1年後のアフガニスタン
 戦場の生々しい緊張を8本のテープが再生する」

というコピーのついた映画で、
戦時下のアフガンにクルーが行ってホンモノの映像を交えて作った
ドキュメンタリー風ムービーな訳だが、

ア○公がわざわざ戦時下のアフガンまで行って、
出来た映画がこれかよっ!?
『ユナイテッド93』(観てないけど)とか
『ワールド・トレード・センター』(まだ観てないけど)はまだしも
全く他所の土地まで行って、自己憐憫もいい加減にしろよ!
というものだったのである。


不穏な表現が出ないうちに
話を『マッチポイント』に戻すと、


※ネタバレ注意


まんまと逆玉に乗った主人公は浮気の果てに愛人を殺す。
事件に巻き込まれたように見せかけるため、
無関係の隣人も一緒に殺してしまうのだ。
その後
殺されたふたりが彼と会話をするシーンがある。

なぜ殺したのか、問いつめられる主人公。
自分を守るためにしかたがなかった、という彼に
「無関係なのに、私は巻き添えをくった」
と老婆は訴える。
それに答えて彼は言う

「戦争でだって、無実の人々が巻き添えをくって死んで行くじゃないか
 それと同じだ」

暴論だ、と思う。
しかし、事実でもあると思う。
この不公平さが当たり前の世界において
運がいい方の地域に暮らす私たちは、知らない場所で無実の人々が
巻き添えになって死んでいくのを、見なかったことにすることで
自分の生活を必死で守っているのだ、と言えるからである。



『セプテンバー・テープ』のラストは
反則とも言える、アメリカの自己正当化で終わっている。
ダイイングメッセージが、毎日量産されている世界で、
たかが音声記録に残ったくらいで、
いつまでも印篭みたいに出すのは、いい加減やめてもらいたいが、
このくらいしないとアメリカは自分達の生活を守ることができないのかもな、
とも思うのだった。

そうして、それは普通に誰もがやってることなのかもしれない、
とも思うのだった。
[PR]

# by mekara_uribou | 2006-08-29 01:43 | ツッコミ上等映画レビュー
2006年 08月 09日
究極のメガネ男子映画『スーパーマン リターンズ』
『スーパーマン リターンズ』のTVCMを見るたびに
鋼の男スーパーマンよりも
ぺーぺーの新聞記者クラーク・ケントに萌えてしまう訳だが。

なんつーか、今度の彼、ブランドン君、
ワンコ系で結構ツボ(え〜っ!?)。
ジョシュ・ハートネットとトム・クルーズとクリストファー・リーブを
ミキサーにかけて、隣のお兄さんフレーバーにしてみました、
って感じでとってもグーっ!!

クラーク・ケントは古めかしい三つ揃いのスーツ着て、
ぬぼっとでかくて、でもパシリに使われたりしてて、
皆から使えないやつ、と思われつつ、
すっとぼけた ふ り をしてるっていう設定なんだけど。。。

どうみても、そ っ ち が 素 なのでは? という風に見えるんだな。
ブランドン君だと(爆

遠くからロイスをじーっと見つめてたりするんだけど、
ロイスは全く相手にしてない。
「もしもしー、なんだかでかいものがあんたのこと見てますけどー?
 気付いてあげなさいよーーー!」
ってな感じで、
雑種の大型犬(しかも忠犬)みたいで可愛いのだった。。。

でもって、黒ブチメガネ男子姿に激しく萌え。
いやー、クラーク・ケントは究極のメガネ男子だよね。
『スーパーマン リターンズ』日本公開のタイミング、
実にタイムリーじゃないでしょうか。
まだメガネ男子ブームは記憶に新しいし。


しかし、スーパーマン姿よりもクラーク・ケントに萌えるってのは・・・
はっ? これってもしやだめんず好きの傾向??
ま、青タイツ&赤パンツの男より、
スーツ男子のほうが好きってことで、
まともよね、私(^^;)
[PR]

# by mekara_uribou | 2006-08-09 02:35 | ツッコミ上等映画レビュー
2006年 07月 11日
「ゲド戦記」というタイトルは火種だ
スタジオジブリの新作「ゲド戦記」。

日本の宝、宮崎駿監督の息子による第一回監督作品な訳だが、
物語は主人公が「偉大なる父王を殺す」ところから始まるのだった。。。
ゲド戦記、原作には父殺しというモチーフは出て来ないそうで、
これはオリジナルな設定になるのだが、
この設定、その後の物語にはあまり影響しないのである。

なんだかツライ始まりだ。
父を葬ってからでないと、映画作りが始まらなかったかのようである。
ひどくプライベートな悩みを抱えた映画だ。

そして、主人公は
父を殺した闇の人格を持つ美少年、なんておいしいキャラなのに、
どうも魅力が感じられない。
主人公に限らず、全てのキャラに萌えが足りない、ジブリ作品なのに。
話は破綻していたがキャラ萌えだけで成立していた「ハウル」の後だけに
辛いものがある。

絵描きのはしくれとしての感想だが、
作画を担当しているスタッフが、納得して絵を描いていないように思われるのだ。
監督のイメージが伝わっていないか、監督のイメージに納得できないまま
線を引いているような、不安定な絵柄。
「本当に引きたかったのはそういう線じゃないのでは?」
と思いつつの鑑賞は、結構辛い。
全くうっとり出来なかった。

そして、原作とかけ離れたストーリー。
プライベートな問題を反影した映画に「ゲド戦記」という、
(おそらく)熱狂的なファンがいる作品のタイトルをつけてしまったこと。。。
これは火種だ。おそらく祭りになるだろう。


とはいえ、

「指輪物語」のファンに比べ
「ゲド戦記」のファンは恵まれている、と言える。
映画が全く違うものになっているために、「無視」することが可能だからだ。
[PR]

# by mekara_uribou | 2006-07-11 21:19 | ツッコミ上等映画レビュー
2006年 07月 07日
全ての映画はS.W.になりうる?
『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズチェスト』観る。

全ての映画はスター・ウォーズになりうるのか?
と思わずにはいられない。。。そんな感じだった。

「I'm your father・・・」というより
「I love you.」「I know.」って感じね。

ジャック・スパロウ=ハン・ソロ
ウィル・ターナー=ルーク
エリザベス・スワン=レイア

デイヴィ・ジョーンズ=ジャバ・ザ・ハット
ビル・ターナー=(しょぼいけど)ダースベイダー

・・・みたいな。

もうウィルとエリザベスは兄妹ってことでいいじゃん。。。と思いましたよ。


全体的にどうだったか、っていうと、
前作同様大味。。。
すごいシーンとものすごいシーンのくり返し、みたいな。
[PR]

# by mekara_uribou | 2006-07-07 04:03 | ツッコミ上等映画レビュー
2006年 06月 28日
トム・クルーズ、マイケル・ジャクソン化説を提唱してみる
c0033794_034831.jpg

↑※『宇宙戦争』の時、東海ウォーカーに掲載したもの


トム・クルーズは来日のたびに面白いネタを提供してくれるので、
私の中ではスターというより、イロモノ扱いなのである。
会見と写真撮影を別室で分け、会見中の不本意な顔を撮影されないようにしたのも、
やたら警備を厳重にして勿体つける売り方も、
今にして思えば、クルーズが最初に始めたように思う。

何年か前の東京国際映画祭のレッドカーペットでは
スピルバーグを待たせたままファンサービスをしていたが
今回の『M:i:Ⅲ』のプロモーションイベントでは、
大物監督を待たせることもなく
気がすむまでファンサービスに没頭していた。
その後の舞台挨拶が30分押したくらいだから、2時間くらいファンの中にいたようだ。
2時間って凄いよ。そんなにサービスしてくれる人、日本人にもいないよ。

お台場にスピードボートで乗り付けて
和太鼓をたたき、ファンの間を走り回り、サインをしまくり、
記者の間を走り回り、笑顔でインタビューしまくり。。。

いや、いいんだけどさ。頭が下がるんだけどね。
なんか脳内物質が出てるような気がしてしょうがない訳。
人間離れしてるっていうかね。
笑顔絶やさず、疲れも見せず・・・
どこかにコントローラーがあって
感情を含めてコントロールしているようなね。

この感じ、何かに似てる、と思ったら、
マイケル・ジャクソンだった。
マイケルは壊れかけのロボットだけど、
クルーズはまだコントロールがうまくいっているのだ。
[PR]

# by mekara_uribou | 2006-06-28 00:38 | 取材こぼれネタ