2006年 02月 13日
ヤッちゃった・・・チェン・カイコー
c0033794_23185120.jpg


マスコミ試写の段階で
「あれ、凄いですから是非見るべきです!
 あ、でも心に余裕のある時に観てください。
 じゃないと腹が立ちますよ」

と噂の「PROMISE」を観て来た・・・・


・・・・・・ああ、チェン・カイコー。
あなたはレスリー・チャンの代表作 「さらば我が愛」を撮った人なのに・・・
「キリング・ミー・ソフトリー」の時すでにヤヴァかったけど、これはトドメ。。。

どうしたんだ、カイコー?
イーモウの「HERO」が評価されてしまったために、
何か誤解してしまったとしか思えん。
資質にない娯楽映画の要素が入りまくり。
すたーをーずの元老院とかダースベイダーみたいなものまで出てくる。
この映画の監督がツイ・ハークだったらもっと素直に馬鹿笑いできるのにさー(笑


これは、
「どんな映画?」と聞かれたら
「駄目な映画」と答えちゃうなー。


ま、駄目すぎで大爆笑なんだけども(結局笑うんじゃねーか!)



韓流好きのチャン・ドンゴンファンに

「あのチャン・ドンゴンのひとり進化論は如何ですか?」

と、映画館の出口調査で感想を聞く、
という羞恥プレイをしたくなった(爆



そして、ニコラス・ツェー。
カイコーの映画で美を司るらしいニコラス、
ほんのちょ〜っぴりだけ、覇王別姫のレスリー・チャンのような
はんなりとした美しさを期待した私が馬鹿でした・・・

金色の手首がついた指揮棒を持って、
正しい香港B級映画のノリでスカしまくるニコラス、
この映画本来のあるべき姿を示唆しているようで、
ある意味潔かったです・・・
[PR]

by mekara_uribou | 2006-02-13 23:32 | ツッコミ上等映画レビュー


<< 荒川選手、良かったね♪      久しぶりに吉井 >>