2006年 04月 01日
誰かのことを想うこと
『ブロークバック・マウンテン』を観た。
美しい映画である。
泣ける映画である。

誰かのことを想うことと
人生を営んでいくことは別々にできるのだ、と思った。
いつも誰かのことを想いながら、
その誰かとは別々の人生を歩むことはできるのだ。
想い人と同じ暮らしを分かち合っていたとしても
やはりそれは別々の人生だ。

想う、ことと人生は別もの。
されど、影響し合うもの。

人生という大河の上を流されながら、
空に想いを馳せるような主人公の静けさに泣かされる。
[PR]

by mekara_uribou | 2006-04-01 14:51 | ツッコミ上等映画レビュー


<< ポール・ベタニー@シラスに妄想...      『クラッシュ』のオスカーに思う >>