2005年 02月 27日
呪怨2(日本版)試写会で爆笑した理由
ハリウッド版「呪怨」、見ましたか?
いつもは蘭を作ってる園芸家が持てる技術を全部使ってナズナを咲かせてみました、といった風情じゃなかったですか?
細かいところにはいろいろ手が入っているものの、全体の印象は日本版とそう変わらない。全米が震撼するのは勝手だが、日本ではもうお馴染み感が否めない。

で、日本版「呪怨2」は酒井法子主演で数年前に公開されているのだが、この時、「降霊術&お払い付き試写会」というやつに行った。これが大爆笑だった。
映画上映前に、降霊術師の女性が出てきて「カヤコ」の霊を呼び出し「皆さんが帰る時、私もついて行きますぅ・・・」とか言うのである。
そして上映後、今度は「お払い」があった。神主さんが出てきて、簡易な神棚をステージのまん中に置いて、お払いを始める。
「くぅわしこみぃ くぅわしこむぃ〜」とか言って、手に持ったご神木をばっさばっさと左右に降り、スタンドマイクに向かって何やら唱えた後、お辞儀をした。
そこで、

ゴンッッ・・・・・・

と鈍い音が会場中に響き渡ったっ。
神主さんのオデコが音響的に大変良い状態で、マイクにジャストミート(古)したのである。その途端、会場中、無言で大爆笑状態。ほとんどの客は笑いをかみ殺すのに必死だった。

ところが、その神主さん、段取り通りだったかのようにスタンドマイクを脇によけると、何ごともなかったかのように「お払い」の続きを始めたのである。さすがプロだ。

という訳で「呪怨2」の内容をほとんど覚えていない。呪怨2、というと神主さんのオデコに笑わせられたことしかもう思い出せない・・・ハリウッド版も「2」を作るらしいが、試写会で「お払い」をする時はヘッドセットマイクでお願いしますっ(爆)。
[PR]

by mekara_uribou | 2005-02-27 00:09 | ツッコミ上等映画レビュー


<< ダニエル・ウー!!      「ボーン・スプレマシー」で主演... >>